原因」タグアーカイブ

毛穴の開きの原因

毛穴の開きの対策を行うためには、その原因をしっかり把握する必要があります。

なぜ毛穴が目立つのか

原因は様々ですので、症状別に整理します。

 

毛穴の開き

毛穴の開きは脂性肌の人に多い症状で、洗顔のしすぎなどが原因で肌が乾燥し、うるおいを取り戻すために肌が過剰に皮脂を分泌している状態です。

過剰に分泌された皮脂が原因で毛穴が開いたままになっています。

対策としては洗顔のしすぎは禁物。洗顔後の保湿をしっかり行うことで、皮脂の分泌を抑え毛穴の開きが収まってきます。

毛穴の開きを気にするは過剰な洗顔やパックを行いがちですのでご注意ください。

 

 

角栓の詰まり

同じ毛穴の開きでも角栓が詰まって目立つ場合があります。

角栓は、皮脂や老化した角質、汚れなどが混ざりあったもの。皮脂や老化した角質も保湿が足りないのが原因です。

肌が乾燥し、洗顔やクレンジングで肌をこすることによって角質層がダメージを受け、角質層の代謝が悪くなり、古い角質が毛穴に詰まってしまうのです。いわゆる「ターンオーバーの乱れ」が起きています。

汚れについては、特にTゾーンが皮脂の分泌が多いため、毛穴に汚れが溜まりやすく、鼻などは角栓が詰まりやすい部位となります。

毛穴の開きと同様に、洗顔のしすぎや繰り返しのパックは肌の乾燥を招くので逆効果。老化した角質も原因となっているので、ピーリングを取り入れると良いでしょう。

 

黒ずみ

毛穴の黒ずみは、毛穴に詰まった角栓が酸化して黒くなったものとそれらを原因として肌にメラニン色素が沈着してものがあります。

皮脂の分泌量が多い人も注意が必要ですが、ファンデーションなどをきちんと洗浄しない人は汚れが詰まりやすく、黒ずみを発症しやすくなります。

原因の肌の汚れを取り除くために洗顔は必要ですが、肌を傷つけないようによく泡立てた洗顔料を押し当てるようにして洗い、決して手でこすり洗いをしないこと。

汚れを取り除いてものこる黒ずみはメラニン色素の沈着の可能性があるので、洗顔で無理に落とそうとせず、保湿と美白美容液で対策します。

 

毛穴のたるみ

毛穴のたるみは加齢による真皮の老化が主な原因です。ハリを失い、毛穴を支えきれずにたるんでしまう状態となっています。

頬など縦長の毛穴がたるみによる毛穴の開きで、毛穴の弾力やハリが低下することでより目立ち、肌の影も濃くなりくすんだ肌に見えてしまいます。

原因が加齢によるものなので、洗顔などでの対策では改善は見込めません。肌老化を抑えるエイジングケアを取り入れること、ハリや弾力を取り戻すコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸をバランス良く配合した美容液を活用すると良いです。