投稿者「かね」のアーカイブ

話題の毛穴ケア商品

化粧品ランキングにランクインしているほどではありませんが、話題沸騰中の毛穴対策コスメがあります。
それが

「黒炭バブルジェリー」

黒炭の吸着力で汚れがギッシリ取れそうですね。

他の商品との優位性は疑問ですが、黒炭をつかっているのが新しい方法です。

汚れをとったあとの保湿効果とかどうなんでしょうか。
効果と値段に否定的な意見もありますが、話題の商品ですので試してみたい人もいるでしょう。

ツッパリ感があるようでしたら、独自に保湿をしてくださいね。

オロナインで毛穴の黒ずみを落とす

オロナインで毛穴の黒ずみがとれる??

ネットで見つけたんですけど、結構古くからある方法らしいです。
要領は、毛穴パックの時にオロナインを塗り込んでおくというもの。

毛穴パックの要領は以前 (毛穴の開きを治す 毛穴パック) に書きましたが

1.蒸しタオルなどで毛穴を開く
2.パック前に洗顔
3.余分な水分をふき取る
4.パックをあてて乾くまで我慢
5.パックのあとは保湿

とこんな感じ。

ここの3.と4.の間で気になる黒ずみにオロナインを刷り込むと、、
5.でスッキリ黒ずみが取れるそうです。(^O^)/

「明日のデートには黒ずみを何とかしたい」って時には有効ですね。
毛穴パックのやり過ぎは肌トラブルの原因になるので、回数は ほどほどに。
(^^;)

オバジとビーグレンの選び方

ビーグレンのCセラムとオバジのオバジC。
どちらも独自技術でビタミンCを肌に浸透させる優れたケア商品です。

どちらを選ぶか?
悩む人も多く、比較も良くされています。

肌への優しさなら私はビーグレン。
ビーグレン サマーセール

ただ、
オバジは高濃度の商品がありますので集中ケアを目指すならオバジCがオススメです。

本当はオバジCから使い始めて
副作用や肌に悪影響が無ければ使い続けることをオススメします。

だけど、使用を続けると赤みが出たりする方も居るようです。
その際に返金保証がないのが残念。

「肌が強くない」

と実感があるなら、
はじめからビーグレンにする方が失敗が無いでしょうね。

敏感肌の方はビーグレンを試してみて、
不具合があれば草花木果などへの変更を検討されるといいでしょう。

ビーグレンは365日全額返金保証がありますので、安心して試せるのがありがたいです。

毛穴の開き アンケート

毛穴の開きの悩みは20代まで。30代以降はたるみや肌の老化が顕著んい現れます。

世代別アンケートでも肌の悩みの上位項目は

10代・20代:にきび、毛穴の開き、毛穴の詰まり
30代:シミ、たるみ、肌の老化
40代・50代:たるみ、しわ、肌の老化

とのこと。
毛穴の開きと合わせて、今から肌の老化対策を合わせて行う方が良さそうです。

敏感肌のピーリング

敏感肌の人ほど試してほしいピーリングができるふきとり化粧水

ターンオーバーの乱れを改善するのに最も効果的なのがピーリングですが、敏感肌の方は成分が肌に合わずピーリングの実践が難しかったかと思います。

話題の「ふきとり化粧水」ならフルーツ美容成分配合で、拭きとるだけで古い角質や毛穴汚れが取れますよ。


ふきとり化粧水(500mL)【ハイム化粧品】

これまで、敏感肌でピーリングを諦めていた方に是非試してみてください。

毛穴パック

簡単そうで意外と大変。毛穴パックの正しい手順をご紹介。

1.蒸しタオルなので暖めて毛穴を開いておきましょう。
 皮脂や汚れが取れやすくなりますよ。

2.パック前に洗顔で落とせる皮脂や汚れを落としましょう。
 パックの効果を引き出すために洗顔で落とせるもの落とします。

3.洗顔時の余分な水分をふき取りましょう。
 濡れたパックをあてるからといって、水分を残したままでは
 パック効果が減少してしまいます。
 ゴシゴシ拭くのは良くないですが、タオルを当ててとれる水分はとっておきましょう。
 
4.パックをあてたら十分乾くまではじっと我慢。
 あせって濡れた状態で剥がすと失敗しますよ。十分乾いてから気持ちよく取りましょう。

5.パックのあとは保湿で乾燥を防止しましょう。
 パック後の乾燥ツッパリはいいことありませんし
 過剰な皮脂分泌を招く場合があるので、保湿化粧水で十分に保湿しましょう。

毛穴パックはやり過ぎるとかえって肌トラブルの原因になります。
頻度は1回/週以下を目安にすると良いようです。

毛穴カバー対策

毛穴の開きを治すにしても、まずは今の毛穴を何としかしたい。

そんなときは、「シルキーカバーオイルブロック
で簡単カバー(^O^)/

自分でも毛穴が開いているのが分かると、外出なんてしたくなくなちゃいますもんね。
これなら、簡単に陶器肌を作ってくれますよ。



毛穴対策は洗顔から

毛穴の開きを治すスタートは洗顔!!  ってことで洗顔料に注目してみました。(^O^)/

よく聞くのが洗顔料をよく泡立てて優しく洗顔してねってことだけど、最近では泡と汚れの吸着は関係ないなんて意見もでているらしい。

(;’∀’) そうなの??

泡立ちで有名なのは「どろあわわ」ですが、毛穴の黒ずみゴッソリみたいなキャッチで宣伝してました。
泡と汚れの取れ具合は関係ないといってもクレイ洗顔の吸着は定評があるようでしたよ。泡立ちだけを強調した洗顔料には要注意ってことみたい。

洗顔料で各種ブログなどでのイチオシは「ビーグレン」でした。ビーグレンの洗顔料ってあんまり泡立たないそうです。トータルスキンケアのセットなっているものですが、こちらもクレイ洗顔料とのこと。イチオシはビーグレン?

個人的にはこちらが気になります。「フルリ クリアゲルクレンズ」。ジェルタイプでクレンジングと洗顔が一度にできて肌に潤いも与えてくれるそうです。けど、高いとの評判。
1本でのあれもこれも済ませられると考えると、そうでもないかな。私はこちらに惹かれます。

 

頬の毛穴はアンチエイジングで対策

頬の毛穴の開きは老化が原因って前に書きましたね。
肌の老化防止はどうしたらいいかは良く分からないけど、最近話題のこれなんか良さそう。

ヒアルロン美潤

もともとは「ためしてガッテン」でほうれい線を消すとして紹介されたのですが、飲むヒアルロン酸って肌の老化防止にとってものよさげ。

お試し価格がメチャ安で問い合わせが殺到中らしいんです。3週後ぐらいから効果を実感するひとが多いようなので、ちょっとお試し品では不足なのが残念。

そこで裏ワザ!!旦那さんやお子さんにも注文してもらえば?
( *´艸`)

季節の変わり目の肌ケア

これから本格的な乾燥の季節を迎える前に、こんな症状を感じたら早めの集中ケアをすると良いそうです。

1.肌のザラつき
肌のザラつきは、ターンオーバーが乱れが原因。古い角質が残ってしまっている状態です。
まずは拭き取り化粧水で古い角質を取り除きます。
拭き取りタイプの化粧水は、古い角質を取り除き、そのあとのスキンケアの効果も高めてくれます。かといってコットンでゴシゴシこするのはNG。摩擦で肌を傷めてしまうので、優しく行ってくださいね。
乱れたターンオアーバーを整えるには、生活習慣の改善が重要です。夏場に乱れた食生活や睡眠習慣を整えていきましょう。

2.肌の乾き、乾燥
安いもので良いので、化粧水をたっぷりと使いケアします。
効果が高そうな高級化粧水でも、少量ではケア不十分。遠慮せず贅沢に使える安いものの方が思い切って使えますよね。
使うときは手で包みこむように優しく。

3.皮脂過剰
皮脂が過剰に出て毛穴も開いた状態。この時は皮脂をおさえようとしてしまいがち。
実は皮脂が出るのは乾燥しているから。原因は油分不足なんです。
ですから、ケアとしては
フェイスオイルで油分を補う
開いた毛穴部分を中心にしてフェイスオイルを適量塗ってあげます。肌に油分を与えることで、皮脂の過剰分泌がおさえられ毛穴の開きも改善されますよ。

4.日焼け肌
日焼けあとにはとにかく保湿です。
フェイスマスクなども活用して、今のうちににしっかりとケアするのが吉。
ケアを怠るとシミやそばかすとなって後々あらわれてきますから、早いうちにやけど状態の肌に潤いをしっかりと与えて上げましょう。
ビタミンCやセラミド・ヒアルロン酸などの美容成分が入った美容液をシートマスクを使
ったケアで肌に十分浸透させて日焼け後の肌をケアしましょうね。